人気ブログランキング | 話題のタグを見る

北新地のチャリンコ泥棒夜話。

あ、ふーちゃん、

店まだやし、あたし、今日のお客様の為に衣装買いに行かなあかん。

…チャリンコで北新地の裏道を走り、

また高そうなドレス…と店内を見てると、

これで!着替えます!



と、乳をほうり出そうとするので、



店員さんが、男子禁制!もうほんと申し訳ない!



と、俺は、ガラス張りの店に背を向けて、


猫のコテツに、最近の必勝法はと、教えていると、

着替えて、はー!店帰ろ!

と、チャリンコこぎ、

多分なあ、話は、おもんなかったら、そっち行くわ!


了解!だらだら、飲んでる!


と、追いかけてくる小鉄を、コーナーで死ぬ気で曲がり、



ウチ、あんたが猫と話せるの、なんかわかる気がする!



チエちゃん直伝や!怖いもんあるか!




と、若干のズレた会話をして、




ああいう、関西のガキは生意気だね!

生意気や!がっはっは!




今日も忙しいなあ。雨かなあ?

と、知らんふりして、胸の形がキレイなあ。

ここは、全員、胸は天然やねんな。



と、まあ、悪い気はしないからなあ。




あ、野良猫が店きよった!



荒れるど荒れるど。わしゃしらんど。



はてさて、小鉄の知恵比べだろうか?





と思うと、あみんこが、

久しぶり!


と、野良猫が!が!

お、お嬢さま、お通りください😼



新地の友達と話してたら、何匹か、猫どつかれてて、

小鉄に注意してきてん!ほな、血の気がさわいで〜!言うから、



かーくんや!思て、店きてん!





あいつ、喧嘩っ早いのに、ものわかりええやろ?


今日も朝から大変!きいてきいて!













by a9records | 2024-06-04 09:52 | 北の青年物語(バツイチのよろず屋編) | Comments(0)

音楽と関係ある人々の日常。


by a9records